Oracle関連の資格

インフラエンジニアの方も、スキルアップのため、キャリアアップのために資格取得を目指している方がいると思います。常に勉強を続けている方が多いと思いますが、勉強をするだけでは自分のレベルを知ることが出来ません。そのため資格取得というのは自分のレベルを知る良いきっかけともなりますよね。

多くの方に選ばれている資格のひとつにOracle関連の資格があります。Oracleはそもそもどういったものかというと、世界最大のデータベースソフトメーカーであり、エンジニアとして活躍している方であればご存知の方が多いでしょう。Oracleのデータベースは世界的に高いシェアを占めていますから、資格取得をした際にも客観的にレベルを判断してもらうことが出来るでしょう。
Oracle関連の資格は種類が多数あります。ORACLE MASTERでは、データベースの管理や運用とアプリケーションの開発に大別されており、それぞれランクごとに試験が分かれています。データベースの管理や運用については4段階で構成されていて、アプリケーション開発については2段階で構成されています。それぞれレベルに分けて資格を目指すことが出来ますから、自分に合った資格を目指すと良いでしょう。どちらの資格も世界共通の資格ですから、海外での活躍を考えている方にとっても取得しておくことで大きな強みとなるはずです。
インフラエンジニアとして仕事をしている方で「いつかは海外で自分の力を試してみたい」と考えている方もいると思いますが、そんな方にとってもOracle関連の資格であれば有利になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です