情報処理技術者試験

どんな仕事でも、やはり資格取得をしているというのは大きな強みになりますよね。資格取得をしていることで転職時には有利になりますし、資格取得をしたことで自分の仕事への自信をつけることも出来るでしょう。しかし、インフラエンジニアの方の中には「どういった資格を取得しておくと良いのだろうか?」と思っている方もいると思います。

そこで有利になる資格が情報処理技術者試験です。情報処理技術者試験といっても様々な種類の資格があります。まず、国家試験となるのはITパスポート試験です。この試験はインフラエンジニアだからこそというよりは、社会人として身に着けておくと良いというレベルの資格と言われています。難易度は比較的低い資格です。基本情報技術試験はコンピューターシステムや、科学基礎、ネットワーク技術、セキュリティと標準化といった多岐にわたる知識が必要となる資格です。プログラマやシステムエンジニアにとって登竜門のような資格となっています。
応用情報技術試験は高度なインターネット人材となるために必要な知識や技術などを持っている方が対象となっており、エンジニアとして経験を積んできている方が目指したい資格となっています。当然、試験の難易度としては高い試験といえるでしょう。チームをまとめる立場として仕事をしている方、上の立場になって仕事をしたいと考えている方にとって取得しておきたい資格のひとつです。
インフラエンジニアは職種や業種によって持っていると有利な資格が変わってきますが、こういった情報処理技術者試験も持っていると、より仕事の幅も広げることが期待出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です