Linux関連の資格

インフラエンジニアとして活躍している方の中には「転職をするために今から資格取得をしておきたい」と考えている方がいれば「キャリアアップをするために資格取得をしたい」と考えている方もいると思います。やはり、資格があればそれだけ仕事をする上での強みとなりますからね。

インフラエンジニアの方におすすめなのがLinux関連の資格です。Linuxとはどういったものかというと、1991年に開発されたUNIX互換のOSです。これはフィンランドの大学院生によって作られました。開発後はフリーソフトウェアとして公開されており、全世界の開発者により改良され、現在の状態となっています。今ではパソコンだけではなく、デジタル家電や携帯電話などにも採用されています。Linux関連の資格にはどういったものがあるかというと、レベルによって資格が分かれています。LPICのLevel1では、技術レベルを認定する資格となっており、基本的な操作やシステムの管理、コマンドの使い方などが理解出来ているかが判断されます。Level2になると応用的な管理が出来たり、ネットワークやサーバーの構築手法などが出題されるようです。Level3は上位資格となっており、大規模なシステムの設計や運用、構築などに関する資格となっています。試験は3種類用意されており、幅広い知識が問われることになります。
インフラエンジニアによってそれぞれ経験やスキルが変わってくると思いますから、Linux関連でレベルに合った資格を目指してみると良いですよ。少しずつレベルアップすることが出来れば、客観的に自分の現在のスキルなどを知ることも出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です